このブログは
宇宙戦艦ヤマトの二次小説を展開する「三日月小箱」管理人の独り言です
古代 進 守 デスラー 島 大介 森 ユキ 真田 四郎 加藤 三郎
コスモ タイガー 沖田 十三 テレサ スターシャ サーシャ 澪 宇宙戦艦ヤマト2199

すっかり食欲の秋です。

介護帰省から戻ったのですが、故郷には美味しい食べ物や美味しいお店がたくさんあって、毎回体重が増えてしまいます。

今回は餅をたくさん食べました。

こちらには和菓子屋はあっても餅屋はないんですもの。

草餅、エンドウ餅、クルミ餅。どれも美味しかったです。

あ、餅じゃないけど期間限定の水羊羹も始まっていました。

もちろん、つるんつるんと食べました(笑)。


そんなわけで、体重だけがどっしりしていてはダメだと思い、ようやく通販ページの更新を終えました。

三日月読本通販ページ


今回も瑞喜ちゃんちの委託本を扱わせていただいています。

ぜひ合わせてご購入くださいませ。

ご連絡、お待ちしています。

続きを読む »

 
明日は一日雨の予報です。
台風が近づいているので、仕方ないのかもしれません。
が。
大阪から晴れ女さんが上京してくるので、きっと酷いことにはならないはず。
ヤマケットは入場料800円。11時からのイベントです。

夏コミ後、通販もしなかったので、お越しいただけるならヤマケットで購入してください。なんて思っていたのですが、この天気予報では来客数は少ないかもしれません。
ヤマケットが終わったら通販しますよ。約束します。

でね、明日の販売品ですが、三日月小箱の「2199 only号」(在庫些少)と「森 雪特集号」
それと、いつも三日月小箱のサークルで配布しているフリーペーパーでお馴染み、星祭舎(たなばたしゃ)から発行される初冊子を委託販売いたします。

ヤマケットといえばカレーが象徴ですよね(笑)。
そこで、カレーにまつわるヤマトのお話を集めようということになったらしいのです。
タイトルは『本日は宇宙海軍カレー』
これに、紗月も参加しています。

掲載作品は四作。
網代屋ウメさんのお話が2本。
2199版の島君ちの思い出のカレー話と
74年版の古雪ラブラブカレー(にあてられる三バカトリオの話)。
胡桃沢義一郎くんの2199版オールスターキャストでおくる、カレーをめぐる食堂での騒
ぎ。
おまけは、紗月の南部君ちのカレーの話。
これの一環として、三日月小箱から古代兄弟のカレーのお話をフリーペーパーで配布予定です。

A5サイズ 20ページ コピー誌で100円!

売り切りゴメン。通販の予定はないはずです。
お見逃しなく!

ではでは、明日ヤマケットでお待ちしています!
 
昨日の夜は、2202第三章の最速上映会だったのですね。
私は仕事だったので行けませんでした。
というより、夏コミ終わってから職場の夏祭りウィーク→敬老会ウィーク企画と準備→リハーサル→本番と怒涛の毎日。
その間に帰省して介護し、諸々の手続きをしてました。
また、台風など気圧の変動で気管支炎が全然治らず、明日は三度目の受診をする予定です。
まあ職場の病院なので、待ち時間も診察料もかからないから助かるのですが。

そんなこんなで、通販準備も全然できていません。
何より新刊「森雪特集号」に寄稿してくださった方々に、献本も終わっていません。

うあああ。
ごめんなさぁい!


第三章はまたしても帰省介護中のため、初日鑑賞は諦めました。
だってさあ、北陸では上映してくれる劇場が全くないんだもんね。
愛知か京都に行くしかないんですよ。
だったら初日じゃなくても、帰宅してから見ますよ。

そんなわけで、通販にはまだ少し時間をいただきます。が、、、
10月22日のヤマケットにはサークル参加が決まりました!
もちろん「森雪 特集号」を販売いたします。
会場にお越しいただける方は、こちらをご利用ください。
今回は22サークルが参加予定です。
お楽しみに。

さて、10月から職場が病院内に引っ越しします。
現在、てんやわんや状態。
なにしろ全く営業を休まずに引っ越すのですから、近いといっても荷物の移動が大変です。
今度は私、看護助手とかホームページ管理もします。
ががが頑張ります。
 
最近なぜかアドレス請求のメールをいただくことが増えました。
請求が必要なお話はどれも、結構前に書いた古いものなのですが……。

スマホで読みたいという方が大半なのですが、携帯電話のメールアドレスでは、こちらからのお返事が届かず戻ってきてしまうことが多いです。
ezweb、 docomo、 softbankからのメールを送信される方は、パソコンからのメール(live.com)を受け取れる設定にしてください。

当サイトのアドレス請求品は3本です。

『待ち人 新婚旅行編』 真田さんと朝倉リエ
『その名は永久に』 島くんの最期
『ふたりだけの秘密』 古代くんとユキ

アドレス請求はいずれもメールフォームに作品名を書いてお申込みください。
冷やかし目的や、きちんとしたメール対応のできない方にはご遠慮いただいています。
 
夏休みが終わりました!
仕事の内容を忘れていないか、身体が覚えているか心配になるくらい休みました(笑)。
で、通販の準備をしています。

瑞喜ちゃんの冊子もまとめて購入できるようにしますから、ぜひお買い求めください。
新刊の紹介文とか、メールフォームの更新とか、結構作業があるんです。

もう少しだけ、お待ちくださいー!
 
メールをいただいた【るな】様、
お返事を送ったのですが、宛先不明で戻って来てしまいます。
パソコンからのメール(live.jp)を受け取る設定にするか、別なメルアドからご連絡ください
 
末っ子が成田国際空港から旅立ちました。
9月から交換留学生としてアメリカの大学で学ぶことになっています。

頼りない子なので、心配は尽きません。
一番気がかりだったのは、薬の持ち込みです。
なにしろアレルギーがあって蕁麻疹がひどく、24時間発疹を抑える薬を毎日飲んでいるのです。
同じ薬をアメリカで入手できるのかどうかわからないため、1年分をスーツケースに入れて行くことにしました。

私の職場の医師が、診断書と処方箋と薬情報を英語の書類で用意してくれました。
どうやら手荷物検査で取りだされることもなく、アメリカに到着したようです。

今はネットがあるから、LINEで末っ子から連絡が来ます。
乗り継ぎの飛行機に間に合わなかったこと、新品のスーツケースがボコンとへこんで戻ってきたこと。
リアルタイムで届くってすごいですね。

「きっとアメリカなら、僕にぴったりの30センチの靴が売っているに違いない」
なんて言っていた末っ子。

病気や事故や犯罪なんかに巻き込まれずに過ごしてほしいです。
たくさんの経験と勉強をして、たくましくなって帰って来てほしい。
がらんとなった末っ子の机を見ながら、心からそう思います。
 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by