このブログは
宇宙戦艦ヤマトの二次小説を展開する「三日月小箱」管理人の独り言です
古代 進 守 デスラー 島 大介 森 ユキ 真田 四郎 加藤 三郎
コスモ タイガー 沖田 十三 テレサ スターシャ サーシャ 澪 宇宙戦艦ヤマト2199

FC2ブログ
生活している中で、ピピピっと【ヤマト的な】アンテナが立つことがあります。
私の場合、大好きな錨模様のグッズがあるとアンテナが反応して思わず周囲を探索してしまうのです。
昨日のアンテナ反応は、夜台所仕事をしていた時のことでした。

水道を締めて水音を遮断し、アンテナの向きを確認すると、出所は義母の部屋のテレビでした。
その音楽は交響組曲 宇宙戦艦ヤマトの「明日への希望」に違いありません。
義母の部屋で流れていたテレビ番組は「チコちゃんに叱られる」でした。
何で「明日への希望」??
のびやかなスキャットを聞きながら番組を見てみると「もしも宇宙人からのメッセージを受け取ったら?」というようなクイズでした。
宇宙がテーマだったので、「明日への希望」がBGMに選ばれたようです。

この問いにも興味を引かれました。
もしも宇宙人からのメッセージを受け取ったら、勝手に回答をしてはダメなのだそうです。
国際宇宙航行アカデミーという国連が承認している組織で、地球外知的生命からの信号に関する議定書があるらしいです。
その中で「国際機関の助言や同意を求めることなく応答はしない」という一文があり、勝手に回答した内容が地球全体の回答だと誤解されないように、個人として対応しないことを定めているということ。
メッセージを受け取ったら、国連などで「どう返事をするか」を協議した上で対応するのが正しいのです。
確かにその通りですよね。
だから番組では、もしも、もしも宇宙人からのメッセージを受け取ったら、国立天文台に連絡をしてほしいと言っていました。

あれれ?
イスカンダルからのメッセージを受け取ったとき、地球防衛軍で協議してましたよね?
じゃあテレサからのメッセージを受け取ったときは?
なぁんてことを考えてしまいました。
私が宇宙からのメッセージを受け取ったら……気を付けようっと(笑)。
NHKの番組でヤマトの曲を使ってくれて嬉しかったです。
 
行って来たよ。神戸。
神戸に足を踏み入れたのは、神戸ポートアイランド博覧会以来。
ということは、1981年だから38年ぶり!?
当時の面影は……。全然わかりません。
博覧会では、世界の帆船が寄港し、帆船大好きの私は帆船カレンダーとか帆船絵葉書とか買いました。
高校時代の友だちと、夫と、三人で周ったっけ。
懐かしい~。

で、無事に物件を探して、契約も済ませました。
その日の夜は有馬温泉に泊まったのですが、いろいろ衝撃でした。

まず坂!
すごく急で細い坂道!
両膝に水が溜まっている私と、踵に痛風の爆弾を抱えている夫にとっては思ってもみなかった障壁でした。
「宿から迎えに来てくれないの?」
「タクシーを呼ぼうよ」
と、疲れきって愚痴が出る頃には、時すでに遅し。
車が入れるような道路では全然なく、くねくねと続く坂道を一歩一歩やっと進むありさま。
(あとで気付いたのですが、外周道路というのを使えばあれほど苦労はせずにすんだらしいです)
宿に到着してからは精根尽き果て、温泉に入る余裕もなく、まずは昼寝(爆睡)。
夕食をすませてから、やっと温泉に向かいました。

有馬温泉では金泉という含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉に入ったのですが、塩分が海水の二倍の濃度と強いらしく、肌がびりびりと針で刺されているように痛くなり、とても浸かっていられませんでした。
残念すぎる~。

ともあれ、任務は果たしました。
あとは引っ越しに向けて、家電や家具の準備を末っ子と進めていきます。
ああ、2月が終わっちゃうなぁ。
 
昨日ダンスの発表会が終わって、ほっとしました。
私の所属するグループは持ち時間1時間あって、その中に歌やダンスのプログラムが14詰め込まれており、そのうち私が踊るのは3曲。
踊り終わって着替えて、また踊って着替えてというのが本当に慌ただしく、1曲終わるごとに着替えながら次の曲の振り付けに頭を切り替えていかねばなりません。
ぶつかったり転んだりすることなく、出番を間違うこともなく(多少間違えましたが💦)、無事に発表会が終わったのですから、本当に良かったです。
来年は3曲のダンスの他にソロの歌が加わることになっていて、それを想像すると目が白黒してしまいますが、1年間レッスンして頑張るつもりです。

さて、ひとつ片付いたので次は末っ子の引っ越しに全力投球します。
それがすんだら次は長女の結婚式準備。

カレシの卒業が決まったので、結婚することになりました。
といっても長女たちは、これまで通り遠距離生活を続けるので大きな変化があるわけではありません。
家族だけの結婚式をけじめとして挙げることになり、その費用も自分たちのできる範囲で賄うのだそうです。
先日、婚約式の代わりの両親顔合わせお食事会に行って来ました。
育てた子どもが新しく家族を作るって、すごく不思議な気持ちがします。
良い家庭を作ってくれるように見守りたいと思っています。

慌てず急いで正確に。
まだまだやらなくてはいけないことが山積みです。
ドジを踏まないように気を付けます(笑)。
 
確か去年の今頃は、真ん中っ子が転勤のため横浜へ引っ越すというので、てんやわんやしていたような気がする。
確かその前の年の今頃は、長女が大学を卒業し、勤務地へ引っ越すことになって、少ない期限の中、振り回されていたような気がする。
そして今年は、末っ子が卒業し勤務地へ引っ越すために、またしてもバタバタしています。

勤務地は神戸・三宮。
それって何線で通うの? どこの駅から通うの?
全く土地勘のない我が家は、呆然としました。
会社からは、三月の第一週には引っ越しを完了しておいてください。とのお達し。
寮などないので、二月中には自分で物件を探して契約し、三月になったらすぐ引っ越さなくてはなりません。

現在ネットで賃貸物件検索中です。
あー、慌ただしいったらありゃしない。

でも、関西に足がかりが出来るのは嬉しいです。
慣れない土地で社会人として一歩を踏み出す末っ子が、元気に暮らせるように応援したいと思います。

で、ヤマケットも申し込まなかった~💦

 
みなさま
明けましておめでとうございます。

穏やかなお正月をお過ごしでしたか?
私は母と、年末年始を二人きりで過ごしました。
買い物やらデイケアの契約やら、施設の見学と予約やら、親戚の見舞いや面会やら、めちゃくちゃ忙しかったです。
でも二人でお雑煮を作って食べたり、おせちをつついたりしたことがなかったので、母はすごく喜んでくれました。
自宅の正月は放置してしまって申し訳なかったですが、子どもも大きいし、なんとか生き延びてくれていました(笑)。

思えば昨年は大きな災害のあった1年でしたが、個人的にはずっと膝を痛めていたように思います。
2月に水が溜まって以来、恐る恐る膝を庇って生活していました。
仕事がこなせたのは幸いでしたが、今年は膝の負担を軽減するためにも体重を減らそうと思っています。
膝を痛めてジムもやめたし、ダンスも思い切りできなくて本当に運動不足になり、めっきり体重が増えてしまいました。

代謝が悪いので、痩せるのは難しいと思いますが、膝の痛みを思い出して頑張ります。

で、件題ですが、元旦に偶然ヤマトを見つけました。
撮りためたビデオを見たとかじゃありません。
買ったままになっていた漫画「3月のライオン」14巻90ページの隅っこにヤマトを見つけたんです。
目ざとく見つけてしまって、思わずニヤリとしたところをみると、私はまだまだヤマトファンなのですね。
今年もヤマトの旅を見据えてお付き合いしていきたいと思います。

こんな私ですが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
m(_ _)m
 
毎月福井に帰省しているが、帰るたびに街並みが変わっていくのに驚かされる。
今月は福井国体が開催されたこともあって、天皇皇后両陛下や皇太子をお迎えするための整備なども行われていたらしい。
福井駅に近い大名町交差点でも、大きな変化があった。
福井銀行本店が立て替えのために取り壊された。
その並びの福井シネマ映画館も、9月10日に約100年間続いていた営業を終了した。

福井新聞より 福井シネマが100年の歴史に幕

私にとって映画館といえばここだった。
ヤマトの劇場用作品は全部ここで見た。

映画館のオーナーはとても気さくな方で、「さらば」の上映に合わせてセル画展示させてほしいと申し込んだら、二つ返事で許可してくれた。
セル画といっても、田舎で十分な材料は入手できないのでOHPシートで代用したお粗末な物だったが、私たちは心踊らせて描いた。
「合宿」と称して、一人暮らしのメンバーのアパートで徹夜して描いたりもした。
今だったら著作権云々でややこしいかもしれないが、当時はただヤマトファンがヤマトを見に来る人に向けた純粋な気持ちをオーナーが汲んでくれたのだと思う。
展示用のボードは映画館で用意してくれた。
ファンクラブへの入会案内状も置かせてくれた。
あの頃、映画ビルは新しく建ったばかりで、そのロビーを使わせてもらったことは、本当に嬉しかった。

「さらば」のつらすぎたストーリーと、何度見ても涙が止まらなかったこと。
ロビーに展示された自分や仲間たちのセル画。それを見てくれていた人たち。
子ども扱いしないで、私たちの企画に耳を貸してくださったオーナー。
あの時の思い出は尽きることがない。

私は結婚して福井を離れてしまってから一度も足を運んだことがない。
郊外に大きな駐車場のあるショッピングモールが出来、そこにシネコンが入ってからはお客が減ってしまったのだそうだ。
無くなってしまうのは凄くさみしい。
けれども仕方ないのだろう。

良い思い出をありがとうございましたと、心から思っている。
 
すっかり放置ブログになってしまいました。
お恥ずかしい。。。

夏コミで配布したフリーペーパーに、10月21日ヤマケットで新刊を出したいと告知していたのですが、これまたお恥ずかしいことに発行を断念することになりました。

9月の職場イベントで企画運営責任者になっていたので、ひたすらその準備に追われ、イベント中は毎日歌って踊って歌わせて踊らせて頑張り、結果として膝を痛めてしまいました。
もともと変形性膝関節症なのですが、膝に水が溜まってしまったのです。
これがもう、痛いの痛くないのって。。。
先週の土曜日なんて、右膝から下の存在感がないんです。
膝がグラグラして、浮いてしまっているような感じで全く力が入りません。
自転車をこぐとか、車を運転してアクセルペダルを踏むなんて無理無理。
やっとの思いで職場の病院で治療してもらいましたが、今もノロノロ歩行中です。
(でも仕事はしてる)

そしてさらに、今月18日に姑が白内障の手術をすることになりました。
最近は日帰り手術が多くて、簡単な印象がありますが、何しろ姑は既往病との関係があるので日帰りにはなりません。
手術+入院についての説明があったり、同意書を書かされたり、もちろん手術当日は立ち合いもしなければならないのです。

もちろん合間を縫って、実家の実母の遠距離介護もあります。
今月は皮膚癌の経過観察診療があるので、総合病院でレントゲン検査を受けます。
ああ、寝室のクーラーを暖房も使えるエアコンに買い替えなくちゃ。
動かなくなっているクローゼットの折戸の修理も、もちろん私の仕事です。

そんなわけで、ヤマケット合わせの新刊を作るのは諦めました。
中途半端な物は出したくないですし。

でも、会場には行きます。
ヤマト友だちのサークルで売り子のお手伝いをする予定です。
それに、新刊も出さないわけではありません。
すでに原稿を預けてくださった方もあるので、必ず形にしたいと考えています。

休み休み作りますので、どうぞお待ちください。
 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by