このブログは
宇宙戦艦ヤマトの二次小説を展開する「三日月小箱」管理人の独り言です
古代 進 守 デスラー 島 大介 森 ユキ 真田 四郎 加藤 三郎
コスモ タイガー 沖田 十三 テレサ スターシャ サーシャ 澪 宇宙戦艦ヤマト2199

FC2ブログ
本日より仕事初めの方は多いと思います。
今年も頑張りましょう。
イスカンダルへの道は果てしなく遠いように思えても、決して諦めず、投げ出さず、困難をひとつづつ克服して進むのです。
なんてことを考えた今日でした。

さて、現在サイト内をいろいろいじっています。
クリスマスイブに公開した「願いよ、届け」をINDEXから読めるようにしたり、
お品書きの日付を、新しいものに変更したり。
この先、「真赤なスカーフ祭」で初めてご登場いただいたサークルオーナーさまたちをリンクする作業もあります。
出来る時に、少しずつ手を加えていきますね。

そんな作業の一環として、Jayさん部屋のリニューアルをする予定です。
現在、迎賓館のINDEXにあるJayさん部屋リンクをクリックすると、素敵な「工事中イラスト」が見えるようになっています。
Jayさんのイラストが見られないのは寂しいですが、しばらくは、このイラストで癒されてください。

で、近づいてくる大阪スパコミの用意もしなくてはいけません!
1月10日(日)インテックス大阪6号館D り56b 「錨を上げろ! 2 大阪」にサークル参加します!
スタンプラリーもありますよ~♪
ぜひお越しくださいね!
 
「ここ何年か、ずっとサンタさんへの願いは同じだった。
『青い地球を返してください』って」

紗月作:「願いよ、届け」

去年の冬コミに合わせて作った三日月ぷち本vol.02「十周年直前号」に掲載されていたお話です。
直前号は完売しちゃっているので、そろそろWEB公開してもいいかなと考えてアップしました。

いやー、思い出してみると、直前号から怒涛の1年でしたね。
スカーフ本の1、2、2199号と休み無く書いて、編集して、入稿して……という状態が続きました。

ともあれ、無事に今日まで来られたことを感謝します。
みなさま、素敵なクリスマスをお迎えください。

それでは、こちらからどうぞ~♪

続きを読む »

 
「あのね、アナライザー、サンタクロースは妖精の一種なの」
網代屋ウメさん作:「サンタさんはお見通し」

このお話は、去年の暮れ、冬コミに合わせて、三日月petit本「10周年直前号」を発行しました(完売)。
その中に掲載されていた、「クリスマス・プレゼント」というお話のスピンオフとなっています。
もちろん、このお話だけ読んでも、まったく支障はありませんのでご安心ください。

直前号は、年末年始特集でした。
その時に「2199の航海では、クリスマスになる前に地球へ戻ってしまっている」ことがわかりました。
つまり、旅の途中、宇宙でのクリスマスは迎えていないんです。
ですから、このお話は地球帰還後です。
人間が楽しそうにパーティーをしている姿は、アナライザーにはどんな風に見えているのでしょう。
宗教とか信仰とか、ファンタジーとか魔法とか、アナライザーがいかに優秀でも、理解できるように教えるのは難しそうです。

ここに登場する新見薫女史。
才女で、仕事ができて、心理学なんかバリバリな女性ですが、果たして子どものころはどんな少女だったのでしょうか。
どんなクリスマスを迎えていたのでしょうか。
そして、こんな才女に育てた両親とは、どんな人たちだったのでしょう。

迎賓館の網代屋ウメさんの部屋からお読みください。


久しぶりのWEB更新です。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
あなたと、あなたの家族に、幸せなクリスマスが訪れますように。
 
お待たせしました!

ご心配いただきましたが、どうやら体調も戻りました。
明日から仕事も出来そうです。

通販ページを更新しました。
瑞喜ちゃんのご本も一緒に購入できるようになっています。
やっぱりカラー表紙は綺麗ですねぇ。

今回の通販も、イベント会場でお買い求めの方と同じように、同じ価格、同じノベルティーをお付けしてお届けします。
三日月本おまけの、Jayさん画フライトジャケット姿古代くんのラミネートカードもスタンバイしています。
ご注文をお待ちしています。
 
結婚式、俺らも呼んでくれよな?
とらまる作:「笑って終わろう」

お待たせしました。
お約束の、とらまる作品第二弾です。

先週公開した「約束」は、もうお読みいただけましたか?
今回は古代と斉藤隊長のお話になります。
「いいわね。男同士って」と雪は島と古代を見て言ったことがありますが、斉藤隊長と古代も、いい関係だったと思うんですよ。
歯に絹を着せない、竹を割ったような隊長の性格を理解すると、ぐっと近しくなれるのではないでしょうか。

さて、このお話は、2012年ヤマパで販売された同人誌「カスケード×カスケード」に掲載されていた作品です。
(詳細はこちら
とらまるさんのあとがきにも書かれていますが、このお話を読んで、私はとらまるさんに一目惚れし(笑)、迎賓館にお誘いしたのでした。

私ととらまるさんを結びつけた作品です。
どうぞお楽しみください。
 
何があっても古代はヤマトへ、
あんたのところへ帰してやるよ

とらまる作:「約束 ~笑顔が見たくて~」

「星巡る方舟」の斉藤は、いい役どころでしたねぇ。
まさか斉藤が登場するなんて思ってもいなかったので、「うおおお!」と叫びたくなりました。
締めくくりもかっこよかったですよね。

で、「斉藤ファンの代表が迎賓館にいるじゃないか!」と繋がるわけです(笑)。

とらまるさんからは、ずいぶん前に何本も作品を預かっているものの、公開が滞っていてすみません。
今回は、とらまるさんの希望もあって、今週と来週、続けて公開します。
それは、2本のお話が関連しているからです。
今日のお話は斉藤と雪のお話。来週は斉藤と古代の話となっています。

今一度、前作の斉藤の魅力を思い出しつつ、お楽しみください。
 
お知らせが遅くなりました。

先日のスパーク9にて、三日月真田読本が完売となりました。
こまめに委託販売を快く引き受けていただき、イベントのたびに売ってくださったmegarさんのおかげです。

どうもありがとう!

準備号は通販いたしませんので、現在お買い上げいただけるのは三日月ぷち本のみです。

たくさんのお買い上げ、ありがとうございました。m(_ _)m
 
リンクページを更新したので、他もあれこれ更新しました。
タグ打ちはしばらくぶりかも。

まずMENUページ
特別企画室に、真赤なスカーフ祭のページを用意しました。
といっても、まだ稼動していません。
現在見ることができるのは準備状況ページです。
更新ブログ「月の軌跡」内に真赤なスカーフ祭というカテゴリを作り、そこへ飛ぶようにしています。
このカテゴリには、祭に関する記事を集めていき、どんな風に進んでいるのかをわかるようにします。

これまでイベントのフリーペーパーや準備号、このブログなどで「祭をやる」という案内をしてきましたが、
それを知った人が「いつから?」「どんな風に進んでいるの?」と思っても、それを調べる場所が用意されていませんでした。
とりあえず準備状況を見てもらえれば、企画が進んでいるということをわかってもらえると思います。
原稿も集まって来ています。
編集や校正も始めます。

本番は来年の2月1日からなので、閲覧者にとっては、待ち時間が長いですよね。
「祭やるやる詐欺」にならないように頑張ります。

応援、ご協力、よろしくお願いいたします。
 
リンクで素敵なサイト様をご案内いたします。
二次小説を読むのが好きな私ですから、良いお話が置いてあるサイトを見つけるとテンションが上がります。

れおれおさんのサイト「A Candle In The Wind」がそのサイトです。
なにしろ登場人物たちの立ち位置がしっかりしていてぶれていない。
人間関係が明快で、それぞれが自分の任務と役割をよく心得ている。
なんといっても、その行動や会話に違和感が無い。

久しぶりにホクホクと心を温めるお話と出会い、読ませていただきました。
すっごく紗月好みなストーリーが並んでいます。
みなさまも是非、ご訪問ください。

そうそう、以前書かれていたという「ベルサイユのばら」の二次小説も、これまた素敵なんですよ。
こちらにも興味のある方は、読み逃しませんように。

れおれおさん、これからもよろしくお願いいたします~♪
 
先日のちろりさん誕生日プレゼントをINDEXに追記しました。

紗月の短編を集めたINDEXは、2008年までに公開されたと、それ以後に公開されているに分かれているのですが、
このから2199のお話を集めたINDEXに飛べるようにリンクを付けました。

とはいっても、リストには先日公開したばかりの「ぬくもりを胸に抱いて」だけしかありません(汗)。

これから少しずつ増やしていけたらいいなと思っています。

今週は本当に暑くて、さすがにバテバテでした。
夏休み&お盆シフトで仕事は多いし。
よく頑張った! と自分へのご褒美にち、ょっとリッチな高級アイスを買って食べました♥
みなさんもお疲れさま~!
 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by