このブログは
宇宙戦艦ヤマトの二次小説を展開する「三日月小箱」管理人の独り言です
古代 進 守 デスラー 島 大介 森 ユキ 真田 四郎 加藤 三郎
コスモ タイガー 沖田 十三 テレサ スターシャ サーシャ 澪 宇宙戦艦ヤマト2199

FC2ブログ
メールをいただいた【るな】様、
お返事を送ったのですが、宛先不明で戻って来てしまいます。
パソコンからのメール(live.jp)を受け取る設定にするか、別なメルアドからご連絡ください
 
今年は夏休みをいただけたんです。
まあ、あんなに踊って歌って担いで模擬店やったんだから、夏休みもらってもばちは当たらないよね。
で、日曜日は溜まっていた家事をやっつけ、真ん中っ子とアニソンカラオケに行き、
今日はゆっくりして、末っ子と買い出しに行きました。

さてさて、コミケ会場にお越しいただきました皆さま、ありがとうございました。
今年は気温が涼しくて助かりました。
楽しんでいただけましたか?
お目当ての物はゲットできましたか?
三日月本はお気に召しましたか?

通販のお問合せをいただいていますが、通販開始は今月の終わりになりそうです。
その前に、大阪のイベントで委託販売していただきます。
8月20日(日)
Super Comic City関西23 6号館Bさ52b
星花繚乱様
です。

関西方面の方は、そちらでお買い求めください。
通販は、介護帰省から戻ったら行います。

また、10月22日(日)浅草橋にて行われるヤマケットでも販売いたします。
大阪でも通販でもヤマケットでも、ちゃんとノベルティーはお付けします。
ご都合の良い方法でご購入ください。
 
原稿が出そろって、いよいよページ割をしようという時、いつも悩むのが掲載順です。
どのお話を巻頭に持って来るのか。
どんな順番で並べるのが良いのか。

小説本は漫画本と違って、パラパラと開いただけでは中身がわかりにくいですよね。
たくさんのサークルが参加し、たくさんの同人誌が並ぶイベントで、何を基準に買うでしょう。
サークルスペースの前に立ってパラパラと軽く立ち読みしただけで買っていただくために有効なのは、
表紙のインパクト、目次の多彩さ、そして巻頭のお話の冒頭の面白さ。
じゃないかなー、と私は思っているんですよ。

森ユキ特集号目次

今回は早い時期から巻頭のお話はERIさんの『たとえ間違いだとしても』に決めていました。
題材が『2202第二章』というのもタイムリーでいいじゃありませんか。
でもなんと、この作品の到着が一番最後でした。
ええ。ページ数がわからないと、あとに続くお話もページ組みができません。
目次も作れません。
じっと、ひたすらじっと待つ(笑)。
ERIさんも大きなイベントを抱えていることがわかっていたので、終わるまではお利口に待ってました。
でも、待った甲斐のある作品が届きましたよ。
もちろん島くんが活躍しています。
ぜひ読んでくださいね。

続いて漫画でのご参加がちろりさん。
ちろりさんに「森雪テーマで」描いていただくとなれば、当然ノランくんとのお話になります。
タイトルの『Bluntness』は、さて誰を示すのでしょう(笑)。
文字ばかりの中に漫画が入ると、ぐっと華やかになりますね。
そしてやっぱり、ちろりさんの描くノランくんは可愛いのです

網代屋ウメさんの作品は、今回二本掲載されています。
一本が『もり・ゆきに関する考察』で、もう一本がお話『小さなヒント』です。
もともと私は小説原稿を依頼したつもりだったのですが、ご本人は「何でも書けばいい」と思ったのかもしれません(笑)。
先に『考察』が届いたので「あれ? 小説は?」と、なったわけです。
いや~、二本も書いてもらってお得お得
どちらもウメさんらしい作品となっています。
もちろん真田さんが登場してます。

ギイチローさんも、三日月本ではすっかり常連さんとなりました。
いつも新鮮な切り口でヤマトの世界を語ってくれます。
今回はお話での参加です。
例の、ほら、彼女のいれるコーヒーについて、ですよ。
コーヒーのお好きな方も、コーヒーの苦手な方もお楽しみいただけます。

最後に紹介するのは、れおれおさんです。
本当にお忙しい中、無理の上に無理をゴリゴリ押して参加していただいちゃいました。
ああ、ごめんなさい! ありがとうございます!
なんと今回の新刊の中では、最も甘いお話です。
甘いといっても、手も繋いでいないんですよ。
おかしいなぁ。もっと甘いお話が集まると思ったんだけどなぁ。
やっぱり三日月小箱が、そういうカラーじゃないからなのでしょうか。
それとも、甘いお話を書きそうな人が参加していないから?
「甘いのを書いてください」とお願いしなかったから?

でも、どのお話に登場する雪ちゃんも、古代くんのことが大好きです!
それは保証しますので、ご期待ください。

夏コミ、三日月小箱は12日土曜日、東2ホール O 21-a です。
お取り置きいたします。
ご希望の方は、このブログのコメントかメールフォームでお申込みください。

次回はノベルティーと委託本について紹介しますね。
 
さあさあ、夏コミは今週末の土曜日です!
今日から毎日、夏コミに向けての情報をここで書いていきますよ!

まずは目次から。
新刊はご覧の方々による48ページの冊子です。
お値段は600円。

森ユキ特集号目次

毎回読んでいただいている方だと、新来作者さまが誰だかわかりますよね?

まずはこの目次のイラストを描いていただいたマシューさん。
手描きの丁寧なユキちゃんです。
これ、写真なんですよね。それを持っているこの手の主はもちろん……。
言わずと知れた古代くんでしょう。
それにしても幸せそうな笑顔ですね。
マシューさんからは他にも何枚かいただいちゃいました♡
フリーペーパーには古代くんイラストも掲載させてもらっています。
そちらもお楽しみに~♪

お話で初参加なのは、いもむすめさんと亜矢さんです。
WEBサイト「COSMO-ZERO」のオーナー、いもむすめさん。
サイトは現在閉鎖されていますが、サイトにあったお話は全部読みました。
「いつか三日月本に書いていただけたらいいなー」
とずっと思っていたのですが、今回ようやく念願かなってご参加いただきました。
すごく嬉しいです。ありがとうございます。
最近pixivで活動を再開されています。
サイトにあったお話が、また読めるようになったら素敵ですねぇ。
もちろん新作もお待ちしています!

続いては亜矢さん。
ブログ『ロマンノカケラ』のオーナーさんです。
以前からブログで掲載されるお話を読んでいたのですが、心理描写や、古代くんとユキちゃんの感情がとても共感できるので、
「三日月本にも書いていただけないかなぁ」と思っていました。
ええ。紗月は図々しいです。
そう思ったら、アタックしますですよ。

いもむすめさん作品も、亜矢さん作品も、森ユキ特集号のために新作書き下ろしです。
ああ、幸せ~!!

いもむすめさん作『And I Love Her』は、『ヤマト3』でのお話です。
雪に惹かれていく土門くんが主役。
彼の目から見た古代艦長代理と森生活班長は、どんな風だったのでしょう。

亜矢さん作『信念を抱く花』
こちらは『さらば』のお話です。
身も心も傷ついて、ヤマトに救助された土方さん。
不敵な笑みを取り戻した土方さんがかっこいいです。

明日は他の作品紹介をいたします~。

夏コミ、三日月小箱は12日土曜日、東2ホール O 21-a です。
お取り置きいたします。
ご希望の方は、このブログのコメントかメールフォームでお申込みください。
 
蒸し暑いですね。
寝室にエアコンが無い私にとって、蒸し暑いのが一番堪えます。

さて新刊ですが、作者の皆様方はほとんど第二稿と取り組んでいらっしゃいます。
ごめんね、面倒な管理人で。頑張ってください~!
で、第二稿が届くまでの間に、自分の原稿を書いたり(でも結果的に自分の原稿は、ページ合わせの半端分を埋めるために使うので、書きあげるのは入稿ギリギリになります)、掲載順を考えたりします。

そんな中、表紙が届きました!
先日お知らせしたまみさんの裏表紙は、いつも柔らかくて温かいイラストです。
三日月本を読み終えた後、あのイラストを見て心がほっと和むような、しみじみと余韻を楽しめるような絵だと思うのです。
一方、表紙はJayさんのイラストなのですが、いつも元気をもらえるような絵です。
三日月本を手に取って、わくわくドキドキしていただけるような、心が弾むイラストだと思っています。
今回の表紙も、そんな一枚です。

三日月読本06 森雪特集号表1

このイラスト、よくご存知の方もいらっしゃると思います。
イベントにサークル参加する時の、三日月小箱ポスターなんです。
2013年ヤマプチ用に描いていただいた物です。
でも、イベントに来られる方々にとっては馴染みのイラストでも、来られない方にとっては新鮮ですよね。
私にとってはとても身近なイラストなので、まだ三日月本の表紙になっていないということに気が付かないくらいでした。
三日月本定番のフレームに入れていただいて、表紙としてみなさんのお手元に届けられるなんて、すごく嬉しいです。
Jayさん、ありがとうございます!

新刊の内容については、これからも紹介していきますね。
古代くんと雪ちゃんカップルについてのアンケートはまだまだ受付中です。
お名前はわかりませんが、書いてくださったみなさんのコメントに、うんうんとうなずいて読んでいます。
何度でも投票できるので、熱く語ってください(笑)。
アンケートはこちら→投票所
 
森雪特集号を作りながらふと、古代ファン=森雪ファンなのかしら。と思いました。
私自身は、古代くんとユキちゃんというのはセットになっていて、どちらも一緒にファンなのですが、どうなのかしら。
などと思い立ったので、アンケートを作ってみました。

【女性限定】古代くん+ユキちゃんのファンになったきっかけを教えてくださいアンケート

あのシーンが良かった! というコメントをお待ちしています!
 
夏コミには森雪特集号を発行する予定です。
今回も何人かのお友だちが原稿を預けてくださることになっていて、そういう方々には
「6月末締め切りでお願いします」とお声をかけていました。

早いですか?
でもね、ここから編集と台割りをするんですよ。
(そうなんです。三日月本は、生意気にも編集やら校閲やら台割やらを経て発行されます)
遠距離介護中の私は、福井まで往復の時間もとられちゃうし、ダブルワークの仕事もあるしでギリギリだと思っています。
印刷所にも出向いていって、色の確認とかするから、その日取りもあるし……。

で、いつも表4(裏表紙)をお願いしているまみ様から、素敵なイラストをちょうだいしました。

森雪特集号裏表紙

どうです? 美しいでしょう?
WEBだと綺麗に見えないかもしれませんが、雪の身体には白いレースがあしらわれているんです。
何もまとわず、ただ薄絹のレースだけが穢れのない雪に寄り添っている――。
柔らかく延ばされた右腕は、宇宙の平和を求めているように見えます。
愛する人と平和に穏やかに過ごしたい。
彼女の愛する人は軍属なので、そんなのは夢のまた夢かもしれません。
でも、優しい彼が悲しまなくてすむように、平和を求めて手を差し伸ばすのでしょう。
雪の手の温かさまで伝わってくるようなイラストです。
まみ様、いつもありがとうございます!!

新刊には、三日月本初登場の方もいらっしゃいます。
力作を期待しつつお待ちください。
 
6月も半ばを過ぎました。
早いっ!

今年の夏コミも応募していたのですが、無事にスペースをいただくことができました。

サークル「三日月小箱」は、コミックマーケット92で
「8月12日土曜日 東地区 "O" 21a」に配置されました!
コミケWebカタログにてスペース配置場所公開中です!
https://webcatalog.circle.ms/Circle/Map/13315155/1


今回は23サークルが長く配置されています。

新刊も作り始めています。
森雪特集号はいつも通り、表紙がJay様。裏表紙は、まみ731様。
中の小説は、三日月読本初参加の方の作品も掲載予定です。
三日月読本は現在在庫が全くなく、この新刊のみの販売となります。
それではテーブルが寂しいので、瑞喜ちゃんの冊子を置かせていただこうと思っています。
どうぞ今から予定に入れて、ぜひともお越しくださいませ。

お待ちしています~!
 
おはようございます。
みなさん、どんなGWをお過ごしですか?

私は、今日も明日も仕事でございます。(←よくある話)

でも今日は、ビッグサイトでヤマトのプチオンリーイベント「おじぷち」が開催されます!
ヤマトのキャラクターの中でも、40歳以上にこだわったイベントです。
そう! 沖田艦長とか土方さんとか、タラン兄弟とか渋い系ですね。

megarちゃんのサークルスペース東7 B08bに森雪特集予告号を置かせていただいていますので、ぜひともお立ち寄りください。

では、仕事に出撃しますー!
 
いやはや、慌ただしい1週間でしたが、どうやら無事にヤマケットを終えることが出来ました。
感謝、感謝です。
先週の発表会のあとからガガガガガーッと書いてコピーして作った新刊はいかがだったでしょうか。
ご購入いただき、ありがとうございます。

感想などいただけますと、飛び上がって喜びます。

会場の窓から、屋形船が浮かぶ川と江戸通りを走っているランナーが良く見えました。
お天気もよかったし、居心地よかったです。

またお会いしましょうね!
 

| Home |


PREV PAGE«  BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by