このブログは
宇宙戦艦ヤマトの二次小説を展開する「三日月小箱」管理人の独り言です
古代 進 守 デスラー 島 大介 森 ユキ 真田 四郎 加藤 三郎
コスモ タイガー 沖田 十三 テレサ スターシャ サーシャ 澪 宇宙戦艦ヤマト2199

FC2ブログ
「次女の受験のために自粛中」と言いながら、結構演奏会に行っている? かな。
でも、土曜日の昼の公演(13:00~15:30)だから、とっとと帰れば夕食に間に合うし、出演がなんといっても西本智実指揮者とヴァイオリニストのアナスタシア。司会は中井美穂とくれば、やっぱり聴きに行きたいじゃない?

実は昨年もこのニューイヤーコンサートは聴きに行っていて、同じ会場で去年のことを思い出していました。
去年、司会はやはり中井さんだったのですが、演奏したのはレ・フレール。
テノールはジョン・健・ヌッツォだったのよね。

会場は、ニューイヤーコンサートらしく、和服姿もちらほら見られ、出演者に負けない(笑)華やかさがありました。
外に冷たい木枯らしが吹いていることを忘れてしまうような、暖かな空気が会場に満ちています。

曲は
ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64
レスピーギ:交響曲「ローマの祭り」
アンコールがヨハン・シュトラウスの「雷鳴と電光」

後半の2曲が特に印象深かったです。
レスピーギのローマ三部作って「ローマの噴水」、「ローマの松」、「ローマの祭り」というのがあるらしいのですが、ローマの松ってなんだろう(笑)
ともかく、オーケストラで使われる楽器が珍しくて(マンドリンや木の板など。ピアノは4手連弾)打楽器が数多く使われ、大活躍なんです。

昔、某国で移動遊園地に遭遇したことがあるのですが、組み立て式の木製ジェットコースターや、本物の馬を円形に歩かせて人を乗せる“リアル・メリーゴーランド”などがありました。
ちょうど、ああいう雰囲気だなぁと思って聴いていたんです。
人のざわめきや、子どもたちがウキウキしている様子。
花火が上がり、口上を述べて客引きするスタッフがいて、その広場はいつもの空間と全然別のものに変ってしまう。

楽しい曲でした。

アンコールも目新しい(この場合は耳新しいか・笑)曲だったのですが、「きっちり演奏しているし、上手だけど、こういう曲ではない」という意見があったので、帰宅してから動画で調べてみました。
本当はもっと砕けた感じの明るい曲みたいです。
観客も指揮者も演奏者も一緒に楽しむような。

それでも、十分楽しかったですよ。

西本さんの指揮も、強く美しくしなやかで、気持ちよかったー♡

やっぱり生の演奏って、すごくいいです。
また来年も行きたくなるような演奏会でした。


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

 

<< 祈りの輪 | Home | 開いててよかった >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
密航者: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by