このブログは
宇宙戦艦ヤマトの二次小説を展開する「三日月小箱」管理人の独り言です
古代 進 守 デスラー 島 大介 森 ユキ 真田 四郎 加藤 三郎
コスモ タイガー 沖田 十三 テレサ スターシャ サーシャ 澪 宇宙戦艦ヤマト2199

FC2ブログ
まだ短い苗が風になびいている。
なびくたびに、苗の間の水面がきらめく。
私が一番好きな水田の風景だ。
萌える緑の中に一羽の白鷺でも居ようものなら、一幅の絵画のようだ。

そんな美しい故郷に今月も帰省してきた。
もちろん遠距離介護のためなのだが、今回はお楽しみもあった。
福井市立美術館でちょうど開催されている「松本零士展」に行って来た。

松本零士展


この展示は、松本作品の版画を販売している(株)アートスペースが版元としての原画を多数出品していて、全国で展開しているらしい。
福井の展示が終了した後は青森や熊本にも行くそうだから、そんなに珍しいものでもないのかもしれない。
けれども、とにかく展示数が多くて見応え抜群だった。

漫画の原稿はもちろん、肉筆のイラストも多数あって、食い入るように見てきた。
意外だったのは同行した母の反応。

「えええっ! これ手で描いてるの!?」
「本物みたいねぇ」

といった具合に、一枚一枚丁寧に鑑賞していく母。

そしてヤマトのコーナーに来た時、「ああ、これ好きだったでしょ?」と指さした。
「なんだか一生懸命に好きだったよねぇ。ファンクラブかなんかやってたでしょ?」
そうですよ。お母さん。
よく覚えていますねぇ。
「ほら、これ好きだった人でしょ? この睫毛、覚えてるわぁ」
ああ、それがスターシャです。
「この青い顔の人もいたいた。悪役だったのよね?」
その人はデスラーですよ。

ヤマトが好きでファン活動に邁進していた頃、母は半ば呆れ顔で私のすることを見ていた。
ビデオなんかまだ持っていなくて、テレビの前にラジカセを置いて録音していたっけ。
覚えるほど繰り返し聞いて、次の週を上書き録音していた。
カセットも結構高かったなぁ。

他に見に来ている人も、私と同年代が多かった。
もしかしたら、あのファンクラブのメンバーだった人も来ているかもしれない。なんて気持ちになった。
メンバーはどうしているんだろう。
2199や2202は見ているのかしら。

翌日は松本氏が来福して講演とサイン会をやるという。
そういえば昔、松本氏にもインタビューしたことがあった。
福井のファンのためにイラスト入りサインを何枚も描いてくださったっけ。
当選したメンバーは、今でもあのサインを持っているのかなぁ。

懐かしいことをたくさん思い出した。
短い時間だったけど、すごく楽しかった。

最後に顔出し写真を記念に撮って会場を後にした。
顔出しヤマト
漫画のコマが顔出しボードになっていて、1コマ分が顔出し用に空いている。
バカメのシーンなのが嬉しかった。

ぬり絵もありました。
塗り絵その2
 塗り絵その1
 

<< 明日、夏コミC94 お邪魔します! | Home | ヤマトに会いに行く(ネタバレ全く無し) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
密航者: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by